自分で回収する場合|過払い請求相談センター[横浜・神奈川]

過払い金請求・回収相談センター

  • いますぐお気軽にお電話をどうぞ
  • みなさんマルマルマル 0120-373-000(携帯電話からもつながります) 24時間 土日祝日も無料相談受付中!
  • メール相談はこちらから


過払い請求トップページ > 自分で回収する場合

自分で回収する場合

過払い金を「自分で回収する場合」「 専門家に依頼する場合」の違い

自分で過払い金を回収する場合

過払い金は自分でも回収することができます。

過払い金返還を請求できる権利は法律上認められているからです。

自分で過払い金返還を請求する場合、流れは次の通りです。

 

1.貸金業者から取引履歴を取り寄せる

*取引履歴とは、借り手が貸金業者からいつ・いくら借りて、いつ・いくら返したかが記録されたものです。

 

2.取引履歴を元に過払い金額を計算する

 

3.過払い金額の返還を貸金業者に請求する

 

4.過払い金返還について貸金業者と交渉する

 

5.交渉成立、または交渉不成立

 

6.交渉不成立ならば裁判へ

 

7.合意した過払い金が請求した人の銀行口座に振り込まれる

  • 実際のところ、自分で過払い金回収はできるのでしょうか?
  • できることもありますし、スムーズにいかないこともありえます。
    言えますのは、自分で行なうとなると、ある程度の労力と時間をかける必要があるということです。

 

  • 何がスムーズに行かないのでしょうか?
  • 取引履歴をなかなか開示しない業者があります。確かに、貸金業者には取引履歴を開示することが義務付けられています。
    とはいえ、貸金業者によっては「弁護士・司法書士が介入しなければ開示しない」
    などと理由をつけて取引履歴の開示請求を無視する場合もあるようです。

 

  • 貸金業者が返還に応じない場合、自分で何ができますか?
  • 過払い金の返還を求めて貸金業者を訴える方法があります。
    過払い金が発生していることが確かな場合、通常この訴え(訴訟)は、過払い金返還の請求者にとって有利に進みます。
    その一方、自分で訴訟をするとなると、労力と時間がかかることがよくあります。
    訴訟をした場合、結論がでるまで半年~1年間くらい時間が掛かってしまうことも珍しくありません。
    裁判所に何度も足を運んだり、貸金業者と法律的な交渉をしたりそのすべてを自分で行なうことになります。

 

  • 自分で請求して、過払い金を全額回収できますか?
  • 可能ですが、一筋縄ではいかないと思います。貸金業者は相手が専門家でも返還額を少しでも少なくしようと粘ってきます。
    相手が素人であれば、なおさらそうであると予想できるからです。
    うまく言い含めて、少しでも少ない額で済ませようと貸金業者が試みてくることもあるでしょう。
    法律知識に乏しいと、きちんとした反論がむずかしく、結局貸金業者の言いなりに近い額で合意してしまうこともあるようです。

専門家に任せた場合

過払い金回収を専門家に任せる方法があります。

一般的には、専門家に任せると過払い金返還がスムーズで、返還額も多くなることがあります。

その一方、専門家に対する費用がかかります。

  • 専門家に任せるとどうなりますか
  • 次の点でご本人が請求する場合とことなる場合があります。

 

1. 取引履歴について

弁護士・司法書士に依頼すると、貸金業者は大抵の場合、比較的早く取引履歴を開示してきます。

 

2. 過払い金返還交渉について

過払い金返還の交渉はすべて代理人である弁護士・司法書士が本人の代わりに行ないます。

 

3. 過払い金返還訴訟について

弁護士・司法書士が代理人になっている場合、裁判行為はすべて代理人が行ないます。

過払い金返還請求者自身が裁判所に行く必要はありません。

 

4. 過払い金返還額について

過払い金の返還金額について、貸金業者によってはすんなり全額返還に応じてきます。

そうでない場合でも、専門家に頼んだほうが回収額が多くなることもありえます。

弁護士・司法書士が手続きをすると、貸金業者もそれなりの対応をしてきます。

また、きちんとした法律家であれば、過払い金返返還額について全額回収できるよう貸金業者と交渉をします。

交渉に必要な法律的な知識も過払い金にくわしい専門家は熟知しています。

 本人が自分で回収する過払い金の専門家に依頼する
メリット
  • 専門家への報酬がかかりません
  • 回収金額の点で交渉が有利に進む場合が多いです
  • 過払い金返還の手続きを全て任せられます
  • 手続き中、取立・返済が止まります
デメリット
  • 労力と時間が必要になります
  • 交渉が不利に進んでしまうこともあります
  • 費用がかかります

まずはお気軽に過払い金返還請求の無料相談をどうぞ

 

今まさに「過払い金を請求して借金を減らそう、払いすぎた金利を取り戻そう」
とお考え中のあなたに、 電話料金を負担していただくのはしのびありません。
司法書士法人アミーズ横浜事務所では、フリーダイヤルを導入しています。
通話料は当事務所が負担いたします。どうぞいつでもお気軽にお電話ください。

Eメールからのご予約は、下のボタンをクリックどうぞ。
ご安心ください。ボタンをクリックしても、過払い請求の無料相談ページに移動するだけで、無料相談申込みにはなりません。

 

メール相談はこちらから

 

お早めの日に過払い金請求の相談をご希望の方は、いますぐにでもご連絡をどうぞ!
追伸

なぜ無料で相談に応じるのか、疑問に思う方もいらっしゃるでしょうか。
当方の無料相談をご利用になることで当方を信頼していただき、
結果としてご依頼をいただければ幸いですが、
実際にはアドバイスだけで終わる方も多くいらっしゃいます。
私たちは、それでもかまわないと考えています。
なぜなら、過払い請求という方法をお伝えすることが、
まずはいちばん大切だと思うからです。

一度、お問合せだけでもしてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「業者のいうことだから、信用できない」
「セールスされるのでは?」と不安を覚える方もいらっしゃるかもしれません。
それでも、私たちの想いをお伝えしないより、お伝えするほうがいいと思い、
書かせていただきました。

pagetop

pagetop