過払い金を請求して取り戻す方法|よくあるご質問|過払い請求相談センター[横浜・神奈川]

過払い金請求・回収相談センター

  • いますぐお気軽にお電話をどうぞ
  • みなさんマルマルマル 0120-373-000(携帯電話からもつながります) 24時間 土日祝日も無料相談受付中!
  • メール相談はこちらから


過払い請求トップページ > 過払い金を請求して取り戻す方法

過払い金を請求して取り戻す方法

  • 過払い金返還の請求は自分でもできますか?
  • はい。過払い金の返還請求を本人がおこなうことは可能です。ただし、デメリットがありますので注意が必要です。

 

主なデメリット3点
  • 過払い金の有無を計算している間、取立てが止まりません。
  • 過払い金の計算や交渉に時間と労力がかかります。
  • 交渉がスムーズにいかないことがあります。
pagetop
  • 弁護士や司法書士は誰に頼めばいいのですか?
  • 過払い金返還に力を入れている弁護士や司法書士に依頼するのがいいかもしれません。あまりくわしくない専門家に依頼すると、過払い金の返還額が少なくなることも考えられます。
pagetop
  • 依頼する弁護士や司法書士によって何がちがいますか?
  • 過払い金の返還請求の交渉に対する姿勢がちがうと思われます。
    弁護士・司法書士の中には、本来請求できる過払い金額よりも少ない額であるにもかかわらず、消費者金融から提示された額のまま合意してしまう事務所もあるようです。
    一方では、過払い金を全額取り戻そうと、労力を惜しまず、ねばり強い交渉をしている事務所もあります。
pagetop
  • 契約書などの資料を全部なくしてしまいました。大丈夫ですか?
  • はい。大丈夫です。取引履歴を債権者が開示すれば過払い金の計算は可能だからです。ただし、契約書を持っていると強い証拠になる場合があります。お持ちの方は大切に保管しておくことを勧めます。
pagetop
  • 消費者金融業者は取引の資料を出してくれますか?
  • 債権者には取引履歴の開示義務があるので、ほとんどの業者は取引履歴を開示してくれます。
    ただし、10年以上前から取引があると、取引履歴が開示されないことも。記録がないというのが、消費者金融の主張です。この場合、契約書など取引開始時期がわかる書類があると過払い金返還請求に有利です。
pagetop

まずはお気軽に過払い金返還請求の無料相談をどうぞ

 

今まさに「過払い金を請求して借金を減らそう、払いすぎた金利を取り戻そう」
とお考え中のあなたに、 電話料金を負担していただくのはしのびありません。
司法書士法人アミーズ横浜事務所では、フリーダイヤルを導入しています。
通話料は当事務所が負担いたします。どうぞいつでもお気軽にお電話ください。

Eメールからのご予約は、下のボタンをクリックどうぞ。
ご安心ください。ボタンをクリックしても、過払い請求の無料相談ページに移動するだけで、無料相談申込みにはなりません。

 

メール相談はこちらから

 

お早めの日に過払い金請求の相談をご希望の方は、いますぐにでもご連絡をどうぞ!
追伸

なぜ無料で相談に応じるのか、疑問に思う方もいらっしゃるでしょうか。
当方の無料相談をご利用になることで当方を信頼していただき、
結果としてご依頼をいただければ幸いですが、
実際にはアドバイスだけで終わる方も多くいらっしゃいます。
私たちは、それでもかまわないと考えています。
なぜなら、過払い請求という方法をお伝えすることが、
まずはいちばん大切だと思うからです。

一度、お問合せだけでもしてみてはいかがでしょうか。
と、いくら申しましても、「業者のいうことだから、信用できない」
「セールスされるのでは?」と不安を覚える方もいらっしゃるかもしれません。
それでも、私たちの想いをお伝えしないより、お伝えするほうがいいと思い、
書かせていただきました。

pagetop

pagetop